敵、味方

[#2字下げ]第二二課 敵、味方[#「第二二課 敵、味方」は大見出し]

[#7字下げ]一[#「一」は中見出し]

 敵が相手側にばかりあるかと思えば自分の中にもあります。自分の中にある敵を「反省」といいます。「反省」が出て来るということは辛いものです。自分が二派に分れてその一方が今まで味方だとばかり思っていた一方の自分をたちまち衣を奪って追い散らすのですから、そして新しく起った自分の中の敵が勝鬨《かちどき》を挙げるのですから、こんな苦々しい事はありません。 しかし、この苦々しさを身内で繰返して置くときは、外の本当の敵に向ったとき、もはや演習済みですから、大変楽です。その敵対処置を知っていてぴしぴしと節に当った処置が出来るのですから、反省の深刻なのは懺悔《さんげ》です。真理の前に、真理ならぬ自分の部分を責め捨て責め捨てして遂に真理に沿う自分にします。ただ懺悔の一法だけで道に達することも出来るのです。懺悔ということは決して弱いものには出来ません。よほど自己完成欲の強いものでなくては出来ません。

[#7字下げ]二[#「二」は中見出し]

 敵となり味方となるのはまだ縁のある方だとするのが大乗仏教の建前です。敵でもなし味方でもない中途の相手が一番自分にとってつまらない無意義な存在です。 法華経|提婆品《だいばぼん》には、釈尊が自分の生涯の深刻な敵であった提婆達多《だいばだった》に、自分に敵であった縁によって将来自分同様な人格完成の見込みのあることを証明されております。鉛も金をこすり合えば多少金がこすり付く道理です。 はじめ先生にひどく楯を突いた生徒が、何かのきっかけ[#「きっかけ」に傍点]でうって変った仲好しになり、卒業後も永く交際を続けて行く例など、案外たくさん聞くことです。そうして、その当時の同級生でただ馴染んでいたものは却って、それきりになってしまっているというのです。 この道理から推して、「敵を一番憎む方法はその敵を何とも思わないことだ」といった人があります。深刻な言葉です。 敵でも本当に力が出し合える敵なら、敵ではなく先生です。負かされて感心するような敵を見出したいものです。[#改ページ]

— posted by id at 10:00 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0630 sec.

http://select-item.jp/